不動産登記記録の見方

| 未分類 |

不動産登記記録は、法務局で公開されているので、一定の手続きと費用を払えば、誰でも内容を確認できるものです。この登記記録は、1筆の土地又は1個の建物ごとに表題部と権利部から作成されており、その内容の確認ができると様々なことが理解できて大変便利です。なお、表題部には、土地であれば、所在地や地番、宅地や山林といった地目、土地の面積である地積などが表示されています。また、権利部には、所有者に関する事項が記録されている「甲区」、抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記録されている「乙区」という二つから構成されています。そして、この甲区には、所有者の住所・氏名だけでなく「売買」とか「相続」など、所有権を取得した原因が分かるので、しっかり確認すべきです。更に、この甲区には「仮差押」・「差押」・「仮登記」といった所有権に悪い影響を及ぼしかねない権利も記載されることがあるので要チェックです。また、乙区には、抵当権の記載があることがありますが、必ず「抵当権者=担保権者」を確認してください。通常は、この抵当権者は「△△銀行」などの金融機関であることが多いですが、「□□ロ-ン」とか「○○クレジット」などのノンバンク系の会社の場合には、お金を借りた理由が住宅ロ-ンでは無い可能性が高いので、しっかり確認すべきです。