仮登記

| 未分類 |

登記と言えば、一戸建てやマンションを購入した時にする「所有権保存登記」や「所有権移転登記」、そして、銀行等の金融機関で住宅ロ-ンを組む際の「抵当権設定登記」はよく聞きます。でも、「仮登記」という言葉は聞きなれないし、「仮の登記」だから気にしなくてもいいのかな?とも思ってしまいます。しかし、この仮の登記は、当然のことながら不動産に関するもので、しかも、ほとんどが「お金にからむ」ものなので、注意が必要です。そもそも、この仮の登記は、いわゆる「本登記が出来ない時」または「本登記まではする必要が無い時」にするもので、本登記をすれば、仮の登記時点の順位を保全することが出来る便利な登記です。例えば、1番目に○○クレジットが抵当権の「仮の登記」をして、その後に、△△銀行が抵当権の「本登記」をし、その後に、○○クレジット抵当権の仮の登記を本登記すると、最初は仮の登記しかしていなかった○○クレジットの抵当権が△△銀行が抵当権に優先することになります。即ち、この仮の登記には「本登記の順位を保全」する法的な効力があります。この仮の登記は、銀行や信用金庫等の金融機関では、ほとんど使いません。しかしながら、いわゆるノンバンク系では、「順位を保全できる」というメリットに加えて、登録免許税等が節約できることから、頻繁に利用されています。